読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くすりになるはなし。

ほんわかする話から惚気話まで。

水虫にかかったら皮膚科へ行ってください。

母襲撃→風邪→体力低下→風邪再発、という華麗なるコンボで3月を丸ごと潰してしまった私です。お久しぶりです。なんとか生きています。

その間に、夫の足に水虫ができてしまいました。左足の薬指と小指の間に直径5mm程度の皮むけと白い物質。ああ、美しき清き水虫たんですね、これは。

近所の皮膚科を調べていた私に、夫は信じられないことを言いました。

「薬局で水虫薬を買って塗ればいいと思うんだけど」

なんという夫。自己判断が水虫の最大の敵だと知らないとは。

「旦那様、前にも水虫に感染したこと無い?」

「んー、前は1年位前だった」

あ、本当に常習犯なんだ。

 

水虫は市販薬で表向き治ったように見えても、自己判断で止めたら再発する感染症。今はいいかもしれないけれど、爪水虫に発展したら爪が変形するわ、軟膏が爪の間に届きにくくて難治性になるわ、厄介なことになること請け合いです。

元看護師の私、こと病気に関しては意識低い系の極みである夫に全力全開で説教のち、近所の皮膚科に放り込んできました。

やはり土曜の皮膚科は人が多いなぁ、と思いながら家で待つこと3時間。帰ってきた旦那が言いました。

「先生に『水虫は自己判断で再発を繰り返す人が多く、爪水虫まで発展して爪が変形する人も沢山います。これを機にしっかり治療していきましょう』って言われた」

ですよねー。

「薬局で軟膏をもらったんだけど、薬剤師さんからも同じこと言われたんだけど。マジ同じ内容で3回も説教されるとは思わなかった」

ほらほらほらほら。

私だけならともかく、まさか会う人会う人全員に同じ内容で説教されると思っていなかったらしく、相当凹んでいたのでいじるのは程々にしておきましょう。

 

初期の内に発見して病院に行ったおかげか、軟膏を塗り始めて1週間で表面上の水虫が肉眼で確認できないくらい綺麗になりました。次の受診は初診から2週間後、治療の目安は2か月ほどと言われたそうです。

それにしても皮膚科の関係者さんが口をそろえて「自己判断で止めるな」と言うということは、水虫業界の再発率の高さ・受診率の低さは私の予想以上なのかもしれません。

夫は病気に関しては意識低い系だと思っていたけれど、もしかしてこのくらいが一般的な考え方なのか。少し夫への視点を見なおさなければならないかもしれない、と思った私なのでした。

皆様、水虫にかかった際はぜひ水虫と侮らず恥ずかしがらず皮膚科を受診してください。