読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くすりになるはなし。

ほんわかする話から惚気話まで。

いたわり。

夫の希望で専業主婦の私。

ぐーたら大好き、家事大好き。午前中に家事をこなしたら、午後は16時までフリータイム。なんという優雅な生活。

そんな私ですが、夫はいつも労ってくれます。ごはんを作れば感謝され、掃除をしておけばニヤニヤされ、アイスを補充しておけば褒めてくれます。むしろ、日々ぐーたらしていることを「楽させてあげられている」と喜んでくれる夫です。

私も甘えずに精進せねば。

きっと、これが「専業なんて楽なんだから当たり前だろう」って言われていたら、全くやる気は出ないんだろうなぁ。特に私は単純生物ですし。

 

そんな夫は今、私の横でイカの色塗りに勤しんでいます。

ご飯を食べてから夢中で遊んでいます。楽しそうで何よりです。

30分くらい遊んでから「交代しようか?」と言ってきたのですが、丁重にお断りして気が済むまで遊んでもらっています。

だって、私は昼間できるんですもの。夜くらいは気が済むまで楽しんでもらわないと。

って言ったら昼に遊んでいるのが正当化できないかしら。かしら。